ようこそ ゲスト さん     ID:  パスワード: ログイン   無料登録   パスワード紛失  
日本、いにしえ
日本、いにしえ伝統産業 > 衣 > 京友禅
京友禅

京友禅は、我が国における模様染めの代名詞として使われるほど、世界的にもよく知られた染色工芸です。
「友禅」という名称は元禄時代に扇絵師の宮崎友禅斎によって考案されたことに由来します。
伝統的な手描き友禅染めは、絹織物の白布に多色の染料を用いて絵をかき、染め出したものです。
一方、型紙と化学染料を用いた型友禅染は、明治時代に広瀬治助によって考案された技法です。
これによって、華やかで美しい友禅染の着物が民衆にも広まることとなりました。

京友禅の歴史

染色技法自体は8世紀にはすでに伝わっていましたが、花鳥山水等を写した模様を着物に染める友禅の技法は、元禄期の京都で考案されました。

江戸時代

多彩で絵画調の模様をきものに染め表す友禅染めは、町人文化の栄えた元禄期(1688〜1704)に開花しました。
この頃京都の洛東、東山・知恩院の門前町に居を構えていた扇絵師「宮崎友禅斎」の描く扇絵が人気を集めていました。
彼はこの技術・デザインをきものの柄に取り入れ模様染めの分野に生かしました。これが「友禅染め」の始まりです。
友禅斎の図案を一覧にした本、『大風流模様尽』の出版をきっかけに、友禅模様は全国に大流行しました。
この時代、「奢多禁止令」が出され、金紗や刺繍、総鹿子などの模様が禁じられていました。
これに対し、職人たちは、禁令にふれず、それでいて美しい染物を創りだそうという努力を重ね、その結果、友禅染の新しい多彩な模様染めが生まれたのです。
染色方法も、染料の溶液の中に布地を浸して染める「浸染」から、染料を筆や刷毛につけて部分的に彩色した上、地色を引き染めするという方法に変わっていきました。
しかし、当時の植物染料は供給料も限られ、手工業による生産量は現在に比べると大変少量でした。
友禅染が広まったとはいえ、いまだそれは限られた地域・限られた人々への供給に留まっていました。
江戸時代後期の友禅染はたいへん高価で、将軍家・諸大名・御所方・豪商などの間で用いられる程度だったのです。

明治時代

明治時代になって、広瀬治助が化学染料を使った型友禅を完成させました。
広瀬治助は、模様の部分に小さな刷毛や筆で染料を塗っていく、挿し友禅の名人でした。
華やかで美しい友禅染の着物を民衆に開放し、より多くの女性に着てもらいたいという願いから、治助は型友禅の研究を進めていました。 そうして完成したのが型友禅です。
当初は、挿し友禅に比べて技術が未熟であるとされ、邪道扱いされていましたが、治助はさらに研究を重ねることで技術を確立していきました。
物によっては十数枚、あるいは百枚を超える型紙を使って型染め独自の美しさを表現し、染色技術の幅を広げていったのです。
ここから、型友禅と型紙の新しい歴史が始まりました。
明治時代の産業革命以後も技術者による革新は続いていきました。
模様を染めるために必要な技術は次々に発達していき、その技を使い分けることによって、豪華多彩な模様を描いていったのです。
そうして、友禅染は絢爛豪華で優美な日本を代表する染物となりました。

現代

現在は着物の需要も減り、京都にひしめいていた染関係の会社も年々減ってきています。
職人の数は減り、後継者が育たずに技術は途絶え、問屋街である室町も衰退したため、友禅染は試練に立たされています。
このような状況下、友禅染の長い伝統を踏まえつつ、その技術を新しい分野の中に活かしていこうという動きもあります。
こうした動きがさらに盛んになることで、職人の技術が継承され、友禅染が往時の勢いを取り戻すことが望まれています。

 

手描友禅染めの標準的な製作工程

手描染は、すぐれたデザイン(図案)をもとにして、筆を用いて、一色一色丹精こめて多彩な色をさしていく技法です。
のびのびとした自由な意匠です。

工程1:図案

制作しようとするきもののアイテムに合わせて、模様や色彩の配置を季節や流行を勘案して、また自社の特色を踏まえて図案を考案します。

工程2:下絵(したえ)

はじめに作家がデザイン、模様を考えて、着物の原寸大の図案を作成します。
そして着物の形に仮縫いした白い生地に、図案に従って青花液を含ませた筆で下絵を描きます。
この青花とは露草の栽培変種である大帽子花からとれる青色着色のことを言います。

工程3:糸目糊置(いとめのりおき)

糸目糊置は筒紙に入れた糊(のり)を押し出しながら、下絵の線に沿って糊を置く作業です。
この糊は糸目糊と呼ばれ、後の彩色の工程で彩色した染料がにじみ出たり混ざったりするのを防ぐ防波堤の役目をします。
この後、豆汁を生地全体に刷毛で塗る「地入れ(じいれ)」という工程を行い、すぐに強い火で乾燥させます。
これは、下絵の青花を消すとともに、糸目糊を生地に食い込ませて接着させるためです。

工程4:挿し友禅

模様部分に筆や刷毛を使い、色を挿していく工程で、手描友禅独特のこまやかな色彩を作り出します。

工程5:伏せ糊置(ふせのりおき)

色挿しした模様全体を、糊で覆う工程のことです。
これは次の工程の地染めの準備であり、彩色した部分に地色が着かないようにするための作業です。

工程6:地染め(じぞめ)

色を挿した模様を全て防染糊等で遮蔽し、模様以外の部分の染色を行う。
手描友禅では、2本の柱の間に生地を張り染料液を刷毛で塗布する引染の技法が用いられる。

工程7:蒸し

染料を生地に固着させ、また、発色に必要な工程であり、通常は90℃〜100℃の蒸気で20分〜60分程蒸します。
蒸しの方法としては、主に写し友禅等に用いられる蒸熱前に生地に湿り気を与えて蒸す「湿り蒸し」と、手描友禅やろうけつ、摺込友禅等に用いられる生地を乾燥状態のまま蒸す「から蒸し」の2種類に大別されます。

工程8:水洗

蒸し上がった生地に付着している余分な染料や防染糊を洗い落とす工程で、水元とも言われます。
「蒸し」・「水洗」の工程は、仕上がったきものの風合いや発色、色落ち等に大きく影響する、友禅染を影から支える重要な工程といえます。
※工程5〜8の作業は、挿し色が生地面で十分発色するようにするための行程です。
京都には鴨川や、今はもう涸れてしまった堀川といった美しい水脈があったため、かつては川の流れにまかせて色鮮やかな反物を洗い、友禅流しとして人々の目を楽しませていました。

工程9:仕上げ加工

水洗し乾燥させた生地に蒸気をあてながら、しわを伸ばし、生地の幅や長さを揃え、風合いを柔らかなものにする工程で、湯のしともいわれます。

工程10:付帯加工

最後に仕上げの装飾加工を行います。
ここで細かい彩色、箔や砂子、刺繍などをほどこし、京友禅特有の華やかさを出していきます。

染色補正

染料・錆・機械油その他、染色工程での種々の汚れは、その部分の色抜きや汚れを除去して修正します。

金彩加工

金彩加工は、友禅染よりも以前から衣服に使用されていた加工ですが、戦後には金彩友禅と呼ばれる多様な技法が使われ始めました。
金属光沢を放つ多くの箔や粉を接着剤で生地に加工して友禅染をより効果的に仕上げるのに用いられます。

刺繍

刺繍の歴史は、金彩加工よりも歴史は古く、日本では古く飛鳥時代にまで遡ります。
刺繍は世界に共通する普遍的な衣服への加飾法で、日本へは中国を通じてその技術が伝わり、多種多様な刺繍技法が伝承されており、応用の範囲も大変広い加工です。

紋入れ

一般的に紋付の染めの場合は、染め抜き紋と呼ばれる始めから紋の部分を白く染残しておき、最後に紋を描きいれる方法をとりますが、きものの種類によっては、きものの柄の一色を用いたり地色の共濃色を使う摺込み紋、刺繍で家紋を入れる縫い紋もあります。

 

型友禅染め標準的な製作工程

工程1:型彫り

型友禅の最初の工程は型紙を彫ることです。
まず、和紙を2〜4枚を貼り合わせ、柿渋をぬって乾かした型紙に構想に基づいて紙の上に模様を描きます。
次に型絵に下絵の図案を写します。描いた友禅染めの図案を彫刻刀を使って模様を切り抜きます。
型紙は、一つの色につき一枚必要です。

工程2:色合わせ[染料液] 色合わせ[色糊]

染料とふのり液を混合し色合わせをした「染料液」を摺り染に使用し、染料とふのり液と糊を混合し色合わせをした「色糊」を写し染に使用する2つの色合わせの方法があり、それぞれ型置きの方法によって使い分けられる。

工程3:地張り

染める作業がしやすいように生地を友禅板という木の板に張りつけます。

工程4:型置き

型を置いて模様の部分を染めます。
摺り染の場合は、ふのり液と染料液を混合したものを丸刷毛に含ませ型紙を生地に置きそれぞれの型の上から摺って染めます。
写し染の場合は糊とふのり液と染料を混合した色糊を駒ベラで型紙を生地に置きそれぞれの型紙の上から染める。

工程5:地染め

型置きした模様の上に染料液と糊を混合した色乗りを駒ベラで均一にぬるしごき染の方法。

※このあと、蒸し、水元、金加工、刺繍、紋上絵・・・と、手描友禅と同じ工程が続きます。

 
広告
Copyright (C) Tauchi Architet Office Co.,Ltd All Rights Reserved.