ようこそ ゲスト さん     ID:  パスワード: ログイン   無料登録   パスワード紛失  
日本、いにしえ
日本、いにしえ伝統産業 > 食 > 京陶磁器
京陶磁器

京都で生産される陶磁器を総称して京焼と呼びます。
現在では清水焼がその代表です。
手仕事を中心とした伝統的な技法と、雅やかな意匠を特色とする、高級茶器や食器、花器などが作られています。

陶磁器の歴史

わが国の陶磁器製造は、中国や朝鮮の大きな影響を受けて始まり、やがて日本独特のものに生まれ変わりました。
特に京都においては、より一層洗練され、雅やかな独特のやきものがつくられるようになりました。

縄文時代

縄文土器と呼ばれる黒褐色で厚くもろい土器が作られました。世界の焼き物のなかでも、もっとも古いものの一つといわれています。

弥生時代

朝鮮半島からの影響のもとに、弥生土器が作られはじめました。

古墳時代

土師器が作られるようになりました。
縄文土器・弥生土器・土師器は、酸素が多い状態で焼かれた焼き物であり、赤茶色をして軟質であるのが特徴です。
古墳時代の中ごろから、朝鮮半島から導入された新しい技術によって、硬質で灰色をした焼き物、須恵器が登場します。

飛鳥時代

白鳳文化の時代には、新たに鉛を主原料とするガラス質の釉薬(ゆうやく、うわぐすり)をほどこした焼き物、緑釉陶器(りょくゆうとうき)が生産されはじめます。
これも朝鮮半島から技術が伝わったものと考えられています。

奈良時代

多彩な色の釉薬を使う中国の焼き物、唐三彩の技術が日本に伝えられ、黄色や緑色に白(透明)の釉薬を使う奈良三彩と呼ばれる焼き物が作られました。
ただし、奈良時代の三彩は量的に非常に少なく、特に仏具など特殊な用途で用いられたため、一般には土師器や須恵器が用いられました。

京都では、聖武天皇の頃に、僧行基が詔を奉じて山城国愛宕郡清閑寺村(京都市東山区清閑寺)に窯を築いて土器を製造していました。その遺跡はのちに茶碗坂と呼ばれるようになりました。

平安時代

やはり土師器が使われ続ける一方で、須恵器は壺や甕・鉢などの容器類が中心となります。
その一方で、多色の釉薬をほどこした奈良三彩が姿を消して、再び緑一色の緑釉陶器が主流となりました。
高い温度で焼かれた、緑白色の釉をかけた灰釉陶器(かいゆうとうき)も、この頃から作られ始めました。
緑釉陶器や灰釉陶器は、それまではともに都で使われることがほとんどでしたが、次第に地方でも使われるようになりました。特に灰釉陶器は東日本にかなり広く流通しました。

鎌倉時代

瀬戸・常滑・越前・信楽・丹波・備前など、現代でも有名な焼き物の産地で、生産が始まりました。
瀬戸などでは灰釉や鉄釉(黒褐色の釉)をほどこす焼き物が作られていましたが、一般には釉がかけられない焼き物が主流でした。
緑釉陶器は、この時代には生産されなくなります。その一方で、土師器は皿類を中心に、須恵器も擂鉢(すりばち)などが使われ続けていました。

室町時代

京都では、このころから京焼が作られ始めたと伝えられています。一説には、宝徳年間(1449〜52年)に、小松谷清閑寺の職人であった音羽屋九郎右衛門が茶碗坂の窯跡を発見し、深草に窯を移して陶器を作ったとされています。
また、永正年間(1504〜21年)には、渋谷の工人元吉が深草式の方法で京焼を改良し、釉薬による新しい工法を発明、その後清水に窯を移したといわれています。

安土・桃山時代

豊臣秀吉の朝鮮出兵で日本に連れてこられた人々などによって、非常に硬質で、水なども通さない磁器の生産が始まります。
肥前(佐賀県・長崎県)周辺で伊万里焼の生産が始まります。肥前の磁器は、白い磁器(白磁)や、白磁の釉薬の下に藍色のコバルト顔料で絵を描く染付から始まりました。のちに、
多彩な色を用いた色絵の磁器へと発展していき、ヨーロッパをはじめ海外へも輸出されるようになります。

京都では、大正・慶長年間(1573〜1615年)に、正意万右衛門、宗三、源介、源十郎といった陶工が現れ、音羽・清閑寺・小松谷・清水などの地で京焼の製陶を行いました。
なお「京焼」という言葉の文献上最初の用例としては、博多の豪商神谷宗湛の日記の慶長十年(1605年)の条に記される「肩衝京ヤキ」が挙げられます。

江戸時代

初期の京焼

寛永から慶安年間(1624〜52年)の鹿苑寺(金閣寺)住職をしていた鳳林承章和尚の日記『隔冥記』によれば、粟田口を中心とする東山山麓や北山に本格的な陶窯が起こっていたようです。この日記には粟田口焼、八坂焼、清水焼、音羽焼、御菩薩池焼、修学院焼などの名前が見出されます。
粟田口焼は、寛永元年(1624年)に瀬戸で焼物師をしていた三文字屋九右衛門が粟田口蹴上に窯を築き、数多くの茶器を焼いたことから始まりました。その作品にはみな「粟田」の印が押されていました。
清水焼は東山清水・五条坂で焼かれた陶磁器の総称で、慶長年間(1596〜1615年)に開窯にされたと考えられています。粟田焼が高級陶器を中心に生産したのに対し,清水焼は日常雑器類の生産を主に発展しました。

京焼の黄金時代

元禄文化の上に野々村仁清、尾形乾山を頂点として京焼の黄金時代が開かれました。
彼らが製作した古清水の色絵陶は、当時すでに完成されていた他の諸工芸(漆工、金工、染織など)の技法や意匠を要領よく取り入れ、みごとに転用し、完成したものです。草木文様や自然の風物を意匠してあらわした素朴なものを中心に、多様な色絵陶が製作されました。

野々村仁清(1613頃-1681頃)
仁清は丹波国桑田郡野々村(京都府北桑田郡美山町)の出身で、丹波焼の陶工でした。
粟田口を中心とする京焼がようやく盛んになりかけた江戸時代正保初年(1644年)頃、御室仁和寺前に窯を開き、本格的な色絵陶器を制作しました。
その華麗で雅やかな仁清の色絵陶は、御室焼・仁和寺焼として大いにもてはやされ、京焼の作風に大きな変化をもたらしました。 仁清独特の作風は京焼諸窯に影響を与え、それまでの「写しもの」を主流とする茶器製造から、多彩な器形と華やかな色彩の「色絵もの」へと転換していったのです。
特にその影響を強く受けた粟田口、八坂、清水、音羽などの東山山麓や、洛北御菩薩池の各窯では、数多くの色絵陶器がつくられるようになり、なかでも江戸初期から中期にかけてつくられたものは、現在「古清水」と総称されています。
尾形乾山(1663〜1743年)
乾山は京都の呉服商雁金屋の三男として生まれました。兄は有名な画家尾形光琳、曾祖母は光悦焼をつくった数寄者本阿弥光悦の姉にあたります。
光悦の孫である空中斎光甫から光悦の楽焼の陶法書を授かり、本格的な陶工の道を志しました。
元禄十二年(1699年)、仁清の窯に陶法をならい、鳴滝に窯を開きました。
乾山の焼き物は、兄光琳が絵付けをし、乾山が書によって讃を寄せるというもので、二人の共同作業による銹絵皿の数々が伝えられています。 乾山の作品の特徴は、生き生きとした筆使いや構図の巧みさ、そして色彩感覚の絶妙さにあるといわれ、意匠化された梅や菊など独特の文様が多くみられます。

陶器から磁器へ

第二の京焼の隆盛期は、文化・文政期を中心に築かれました。
特に画期的なことは、江戸初期以来、色絵陶器の焼成を伝統としてきた京都において、本格的な磁器の焼成が始まったことです。
この新風を吹き込んだのは、伊万里磁器の大量流入と、奥田頴川をはじめとする磁器制作に打ち込んだ名工たちでした。

奥田頴川(1753〜1811年)
豪商の生まれでしたが、製陶を好み、粟田に窯を開き、磁器焼成を大成しました。
作風は、赤絵呉須の模様を最も得意とし、古染付や交趾窯をまねて非常に巧妙で雅やかな磁器を制作しました。
彼の門下からは青木木米、仁阿弥道八、欽古堂亀祐、三文字屋嘉介などの多数の名工が現れ、伝統的な京焼に新風を吹き込みました。
青木木米(1767〜1833年)
祇園新地縄手白川橋畔のお茶屋「木屋」の長男として生まれました。
仁清や乾山と並ぶ「京焼名工」の一人で、主に煎茶器を得意とし、頴川の磁器製法を受けて、その芸術性をさらに深めました。
文人画の分野でも高い評価を得ています。

それぞれ独自の個性を持った名工たちが育ち、華麗な京都の陶磁器を開花させました。
京焼の陶工たちは、近畿ばかりでなく、中国・四国・北陸など各地の窯に招かれ、指導にあたったため、京焼はその影響を全国に及ぼしてきました。

明治時代

京都の陶磁器業界は、伝統技法を守りながら、一方でヨーロッパの化学的、工業的な製陶法を全国にさきがけて積極的に導入しました。 明治1年(1868年)、三代目清水六兵衛と真葛長造は、横浜で石膏型使用の製法を修めて京焼に活用しました。
明治5年(1872年)、錦光山宗兵衛が輸出品を試作し、神戸の外国商館で試売会を開いて、海外進出のきっかけをつくりました。
明治6年(1873年)、ウィーン万国博覧会へ京都の陶磁器を出品して評価を高めました。これにより、ヨーロッパからの技術の導入と、輸出振興のための基礎がつくられました。
明治11年(1878年)、ドイツ人技師ゴッドフリート・ワグネルが招かれ、西洋釉薬などの新しい製陶技術が導入されました。

乾山伝七は、京都で最初のヨーロッパ式円窯を使った洋風陶磁器を生産しました。
粟田の錦光山宗兵衛らは、近代的工場生産様式を導入し、大規模な工場生産が始まりました。

大正時代

京都の陶磁器業界は絶頂期を迎えました。市場の拡大で、製作地域は粟田、清水から日吉、泉涌寺地区に広がりました。その増大する生産量をまかなうために、清水・五条地域を中心とする共同窯や貸窯が開発されました。

現代

今日に至るまで、京焼業界をとりまく環境には様々な変化や問題が生じ、登り窯から電気窯・ガス単独窯への急激な転換や、京都市山科区、宇治市炭山地域への集団移転などが起こっています。
しかしながら、多品種少量生産を特色とする京焼は、今日なおその伝統を守りつつ、さらに新たな意匠をめざす名工たちによって受け継がれ、根強い人気を保っています。

 

陶磁器の製作工程

1.坏土調整

陶器用の粘土を調整します。
現在、京都では陶土を産しないので、天草、柿谷、信楽、伊賀などの粘土を移入して使っています。

2.成形

手工法、ロクロ法、石膏型による型押し法、流し込み法など、製品によってそれぞれの方法で成形します。
また、イッチン・象嵌等の生素地装飾も同時に行います。

3.素焼

成形された陶器を乾燥させます。

4.下絵付

陶器に下絵を描きます。

5.施釉

釉薬を施します。

6.本焼成

窯で焼成します。
従来、京式登り窯で行っていましたが、現在では電気釜やガス釜に移行しています。

7.上絵付

焼成された釉面に、顔料を用いて絵付けして焼付けます。

8.完成

 
広告
Copyright (C) Tauchi Architet Office Co.,Ltd All Rights Reserved.