ようこそ ゲスト さん     ID:  パスワード: ログイン   無料登録   パスワード紛失  
日本、いにしえ
日本、いにしえ > 老舗 > 衣 > 型紙
型紙

1. デザイン・図案を作成します。

野村松の職人が彫刻し所有している型紙をそのまま使うこともありますし、ご依頼人様がデザインされたものを基に、型彫職人と相談しながら図案を作成することもあります。

2. 型を彫刻します。

型地紙という美濃和紙を柿渋で張り合わせたものに図柄を写し、その図柄に合わせた彫刻技法で彫っていきます。彫刻技法には「錐彫」「突彫」「道具彫」「縞彫(引彫)」がありますが、写真は突彫をしているところです。
非常に細かい図柄も多く、忍耐力と集中力の求められる工程ですが、型彫職人の洗練された技が光ります。

彫刻技法について

3. 紗張りをします。

これは図柄にもよるのですが、彫った型がばらばらにならないように、また型紙の補強のために、絹の紗を型紙に漆で裏打ちします。
右の写真が紗の張れた状態です。

基本的にここまでが型彫職人の仕事です。この先は染職人さんに型紙を託して染めてもらいます。

4. 糊置きをします。

防染糊を、型紙を用いて生地にのせていきます。
右の写真が糊置きの完了したものですが、黒い部分には防染糊がのっているため染色後には黒白が反転することになります。

5. 染色、蒸し水洗をします。

調合した染料を生地に引いた後、染料が生地に定着するように蒸します。出来上がりの色合いはこの蒸しに懸かっているといわれています。
蒸し器から出した後に余分な糊や染料を洗い流します。

6. 完成

以上の工程を経てようやく完成します。
先に書いた通り糊置きのときとは白黒が反転しています。

画像出展:京都造形芸術大学プロジェクト「職人とデザイナーの交歓から生まれるもの」



広告
Copyright (C) Tauchi Architet Office Co.,Ltd All Rights Reserved.