ようこそ ゲスト さん     ID:  パスワード: ログイン   無料登録   パスワード紛失  
日本、いにしえ
日本、いにしえ伝統産業 > 衣 > 京扇子
京扇子

京扇子は千余年の都京都で創作され、その豊かな風土と文化に育まれ、時代時代の人々の生活に密着しながら発展してきました。
今日もなお常に新しい創意と工夫を加え、他地方では見られない繊細優美な美しさを生み出しています。

京扇子の歴史

扇子は日本を起源とするもので、その誕生は平安時代の初期まで遡ります。
古代中国で用いられていたという団扇とは、今の「うちわ」のことです。
折り畳みのできる「扇」は日本ではじめて創られました。
平安時代以来、扇は、そのほとんどが京都で生産されてきました。

平安時代

最初の扇子は「檜扇(ひおうぎ)」と呼ばれ、記録に使われた木簡の片端を綴りあわせたものでした。
そこから形状が洗練され、宮中女子の間に広がるころには扇面は上絵で飾られ、檜扇は雅やかな身の回り品になりました。
さらに、檜扇についで「蝙蝠(かわほり)扇」という紙扇が登場しました。
これは竹や木を骨として、片面にだけ地紙を貼った摺扇(すりおうぎ)で、その名は「かみはり」の音が変わったとも、扇を開いて逆さまにした形が動物の蝙蝠(こうもり)に似ているからともいわれています。
 平安時代も末期になると、扇の骨に透彫(すかしぼり)をした「透扇(すかしおうぎ)」「切透扇(きりすかしおうぎ)」が生まれ扇子も多様化してきました。
しかしこれらの扇子は貴族や僧侶、神職たちのもので、一般の使用は禁止されていました。

鎌倉時代

禅僧などによって日本の扇子が中国へ渡りました。
そこで扇子に大きな変化が起こりました。
それまで片面にだけ貼られていた紙が、中国において紙が両面に貼られるスタイルに変化したのです。

室町時代

中国で変化を遂げた両面貼りの扇子が「唐扇」として輸入され、その様式が日本の扇子にも使われるようになりました。
また、ちょうどこの頃、現代の日本の扇子の基本となる3つの形式が確立しました。
閉じた扇子の先端がイチョウのように広がる「末広/中啓(ちゅうけい)」、先端がしまった形の「鎮折(しずめおり)」、従来の形をとどめた「雪洞(ぼんぼり)」の3つです。
また、扇子は能や狂言、茶道においても必須のものとなりました。

江戸時代

江戸時代には、扇子づくりは冠、烏帽子づくりと共に「京の三職」として、官の保護を受けるほどの重要な産業となり、扇売りや地紙売りの行商人も出現しました。
同時に扇子は広く庶民の日常生活に普及し必需品となりました。
こうして日本人に欠かせないものとなった扇子は、海外にも広く伝わっていきました。
中国はもちろん、インドや遠くヨーロッパに伝わりルイ王朝を華麗に彩りました。
またヨーロッパに伝わり絹貼りとなった扇子は、その後逆輸入され「絹扇(きぬせん)」を生みだしました。

近代

扇の輸出は、大正時代中期まで盛んでしたが、現在はほとんど国内市場に限られています。
今日では、国内の扇子の生産高の約9割を 京扇子が占めています。

 

扇子の種類

扇子は大きく「板扇」と、「貼扇」に分けることができ、そのなかでもさらにさまざまな扇の種類にわけることができます。

板扇

檜扇(ひおうぎ)

檜扇とは檜(ひのき)の薄片を末広がりに綴り合わせ、手もとに要をつけ、先を絹の撚糸で編み綴った板扇です。
表に金銀箔を散らし、彩絵して束帯など、平安宮中の公の儀式の際の持ち物でした。
木簡から派生したと考えられ、東寺の千手観音像の腕の中から発見された元慶元年と記された物が、我が国最古の桧扇とされています。
当初は男性が用い、女性は「はしば」という団扇の一種を持っていましたが、次第に女性も桧扇を用いはじめ、宮中の女人が常に手にするようになりました。
初めから装飾的役割が与えられていましたが、特に女性が用いるようになってさらに彩り華やかな物になりました。
国風文化が花開く中で優雅さと繊細さを加え、平安時代中期には、三重(みえ)、五重(いつえ)と呼ばれる数多い矯数(骨数)の扇ができ、草花、人物などが彩られ、美しい彩糸を長く垂らしていました。

白檀扇(びゃくだんせん)

香木・白檀の木片を重ねた板扇で、透かし彫りや描き絵の装飾を施します。
招涼に用いるというより上品な香りを楽しむ持扇となっています。

貼扇

蝙幅扇(かわほりおうぎ)

檜扇に次いで平安時代から作られ始めた紙扇で、竹を骨とし、片面に地紙(扇面用紙)を貼ったいわゆる片貼扇です。
最初は骨の数も5本ぐらいでしたが、長保年間(999〜1003年)以前には、金銀泥箔に彩画・詩歌がしたためられ色紙の粋を尽くし、骨数も次第に増えていきました。
その華やかさは、女子用檜扇にも劣らないもので、男女間の文替わりの扇交換や宮中で侍臣に扇を賜る年中行事「扇の拝」の記録も平安初期に見られます。

能扇

室町時代になると武家文化が勃興を迎え、また町人階級の台頭により扇は美術工芸品として、猿楽・能楽などの芸能に用いられるようになって発達した紙扇です。
扇骨、図柄とも流派による伝統的な約束事が多く、華やかな雰囲気をもつ扇です。

舞扇

能扇同様に室町時代以降に発展した舞踏用の紙扇で芸術的工芸品の域に達し、飾り扇としても世界的にも有名です。
雲や霞、水などの図柄が多く、その使われ方から、竹骨に鉛を埋め込むなど、扇の造りに一定のスタイルがあります。

茶席扇

能扇同様に室町時代以降、茶道とともに発展し、茶席に用いられる紙扇です。
一般に、婦人用五寸、紳士用六寸の長さのものが多く使われています。

祝儀扇

冠婚葬祭用の扇子で、縁起物だけに昔からの約束事があり、男女によって地紙や扇骨に特徴があります。
また、最近は洋装の儀式のためのものもできています。

豆扇

三寸サイズの観賞用の飾り扇子です。
額縁などに入れて飾ったり、人形に持たせたりします。

鞠扇

蹴鞠(けまり)用の装束としての扇子です。
平安時代は直衣や狩衣など普段着で行っていた蹴鞠ですが、後鳥羽上皇の頃から形式化して、室町時代には専用の装束が生まれました。
烏帽子(えぼし) 水干(すいかん) 袴(はかま) 韈(しとうず=くつ) 扇の5点セットからなり、蹴鞠の段位によって装束が決まっています。

有職扇(ゆうそくせん)

宮中や神社、仏閣で用いられる扇子です。
現在でも古来の礼式・故事に従って製造されて、今ではもっとも特殊な製品となっています。

中啓(ちゅうけい)

僧侶が儀式に持つもので、扇子を閉じた時に先が啓(ひら)いているため、中啓と呼ばれます。
能楽の舞台でも中啓は使われます。

雪洞(ぼんぼり)

雪洞は中啓の略式で、主に布教用などに使われます。
雪洞の先の開きは中啓の約半分ぐらいです。

御夏扇(おなつせん)

僧侶が儀式に持つもので、普通の扇子のように仕立てたものです。

香扇

香道で用いる扇の事を香扇と呼びます。このような扇は総称して特殊扇と呼ばれています。

鉄扇

鉄扇とは、扇骨(せんこつ)を鉄製にした扇です。
江戸時代には護身用として使われていました。
鉄扇は大きく分けて2種類あり、扇子として実用できる開くものと、閉じた扇子の形をした鉄塊があります。
鉄扇の形を模して、堅い木で作られているものもあります。

絹扇

日本国内で発展した扇子が13世紀頃中国へ輸出され、シルクロードを渡りインドを経て遠くヨーロッパまで伝わりました。
ルイ王朝社交界で扇子はヨーロッパ風にアレンジされ、象牙や鼈甲を骨とし絹やレースを貼った洋扇子が独自に発展します。
その後それは日本へ逆輸入され、ここからまた絹や綿布を貼った和風の絹扇が生み出されました。

 

製作工程

扇子は、20余りの製作工程を経て作られます。
その全ての工程が、熟練した職人の手仕事によるものです。
工程は、大きく扇骨と地紙の製作に分かれます。

扇骨加工

1.胴切(どうぎり)

竹の節を除いて扇子の長さに応じた寸法に切ります。

2.割竹(わりたけ)

鉈(なた)で縦に細かく割ります。

3.せん引き(せんびき)

割竹を必要な厚さまで削ぎます。

4.目もみ

要を通す穴をあけます。

5.あてつけ

要穴(かなめあな)に串を通し数十枚を板のようにし、側面を包丁で削り成型します。
丁寧な「あてつけ」作業と「磨き」(みがき)が京扇子ならではの光沢を生み出します。

6.白干し(しらぼし)

ほぼ完成された扇骨(せんこつ)を屋外で日光にさらし、乾燥させます。

7.磨き

乾燥させた扇骨をなめらかに磨きます。

8.末削(すえすき)

中骨の地紙に差し込む部分を薄くするため、一枚一枚を鉋(かんな)で削ります。

9.要打ち(かなめうち)

親骨に中骨を挟み、目もみであけられた穴に要を差し込み、とめます。

地紙加工

10.合わせ

芯紙(しんがみ)といわれる極めて薄い和紙を中心にして両側に皮紙と呼ばれる和紙を貼り合わせます。
後の工程で芯紙が二つに分かれその隙間に扇骨が入ります。なお、扇子に用いる紙は地紙と呼びます。

11.乾燥

合わされた地紙を乾燥させます。

12.裁断

地紙を何枚かにまとめ、扇形に裁断します。

13.箔押し(はくおし)

糊を引いた上に一枚ずつ金箔を置きます。
箔は極めて薄く取り扱いには注意が必要です。
地紙一面に箔を押す「無地(むじ)押(お)し」は一見簡単なようで実は高度な技術を要します。

14.上絵(うわえ)

一枚一枚絵師(えし)によって地紙に手描きします。
伝統的工芸品・京扇子はこうした「手描き」の他、古くからの技法である「切型摺り込み(きりがたすりこみ)」、「版木つき」「木版画摺り」によって彩られます。

15.折加工

分厚い折りぐせのついた2枚の型紙で、地紙をはさみ、手早く、均一に折りたたみ、折り目をつけます。

16.中差し(なかざし)

芯紙が二つに分かれるので中骨を差し込むための空間を竹べらであけます。

17.万切(まんぎり)

折ぐせのついた地紙を折りたたんだまま、裁断用の枠にまとめて入れ、万切包丁で扇子の大きさに切りそろえます。

仕上げ

18.中附け(なかつけ)

芯紙が二つに分かれて出来る隙間へ糊を引いた中骨を手早く差し込みます。
この後、正しく位置が決めて、拍子木(ひょうしぎ)で強く叩きこなします。

19.万力掛け

厚手の地紙の扇子は、板で地紙部分をはさみ、重しをかけます。

20.親あて

親骨に糊をつけて地紙と接着し、セメと呼ばれる帯で固定します。

 

扇子と生活

日本人にとって、扇子は人生の節目節目に登場します。
扇子は日本人の暮らしを彩る小道具として、欠かせないものでした。

宮参り

生後約1ヶ月の初めての宮参りで、土地の守護神へ扇を奉納します。

七五三

3歳、5歳、7歳の祝事の神詣では必ず扇子を持ちました。
7歳にもなれば、子供として常に童用扇子を持つようになります。

稽古始

子供たちはこの頃から将来の人生の糧として謡曲、音曲、踊り、茶道、華道などの稽古ごとを習いはじめます。
そしてそれぞれの稽古ごとの決まりの扇子を携えるようになるのです。
これらの扇子はハレ用の扇子で、それとは別に普段用の扇子も持っていました。

十三参り

京都では13歳になると行う十三参りを境に扇子も大人用に変わります。
大人となればそれぞれの好みの扇子や家特有のきまりの扇子をもつことも許されました。

婚約・結納・婚礼

やがて年頃になり婚約ということになれば、扇子を取り交わします。
そして結納時にも行末を祝福するために必ず扇子を一対贈ります。
もちろん婚礼にも扇子は用いられ、男性は細骨、女性は黒骨金銀のものを持ちました。
結婚がきまり結納の前に交換する扇子は、現在では新郎に白扇を、新婦に金銀扇を贈るのが一般的ですが、本来の意味は自分が普段使っている扇子に、自分の体や心をこめて相手に託すという、平安時代からの風習に基づいています。
また、新婦が婚礼の時に持つ扇子は、もともとは本金銀地紙で、多幸を祈るとともに災厄から身を守る魔除けの意味もありました。

初老(40歳)・半白(50歳)・還暦(60歳)・古希(70歳)

節目を祝うごとに、披露の扇子を配りました。

葬儀

葬儀などの不祝儀には鈍色(にびいろ)の扇子を携えました。
この扇子は2度と凶事が起こらないように、その時限りで捨てます。

 

扇子の構造

骨の材質は、一般的には竹製または木製の物が多く使われ、先端部ほど薄く細くなるテーパ構造になっているものがほとんどです。
大抵の扇子の骨は細長く、折り畳んだ和紙を張って開くと段になるように展開します。
骨組みのうち一番外側の部分(親骨)はとくに太く、内側の骨とは逆に先端部ほど太くなっています。
高級な物では、親骨に装飾として漆塗りや蒔絵などの細工が施されているものもあります。
骨のみの扇子もあり、多くは白檀などの香木を平たく削って作られます。
檜の薄板を束ねた物は、「檜扇」と呼ばれています。
この形式の扇子は現在では廃れ気味であり、和紙などを貼った紙扇が主流となっています。
木や竹のほかに象牙、鼈甲などもしばしば骨の素材となることがあります。
また、武術に用いられる物もあり、それは鉄扇と呼ばれています。
骨だけが鉄製で紙や布などを張ったもの、鉄の短冊を重ねたもの、また扇子の形を模しただけで開かない鉄扇も存在します。
携帯用の護身具、または鍛錬具として用いられます。

扇面

あおぐ時に風を送る部位です。
骨が完全に開ききってしまわないように固定する働きもあります。
扇面には和紙を張るのが伝統的ですが、合成繊維や布を貼ったものもあります。
この扇面に絵を描く需要が生じたことから、湾曲した形状(いわゆる扇形)の紙に描く、扇絵と呼ばれる日本画の形式が発展しました。
この形式を発展させたのが、俵屋宗達と尾形光琳だといわれています。
扇子のアイデアはヨーロッパにも輸出され、絹やレースを貼った洋扇に発展しました。
孔雀の羽根を用いた扇子も作られました。
また、沖縄では扇面にヤシ科のビロウ(クバ)の葉を使ったクバ扇(くばおーじ)というものもあります。

扇を開く際に根本で止めるために骨を束ねているものをいいます。
扇子の要には、金属やプラスチック、くじらのひげなどがよく使われます。
この要が壊れると扇子としての用を為さなくなるため、最も重要な部分です。
これが、「肝心要」という言葉の語源となりました。

 

扇子の部位名

・天:扇面の一番上の部分
・扇面:あおぐ時に風を送る部位
・中骨:内側の骨の部分
・要:扇子を止めている部分
・親骨:左右外側の一番太い骨
・地紙(じがみ):扇子の形に切り取られた絵や柄がまだ描かれていない白紙の紙の状態
・平地(ひらじ):扇子の形の紙に絵や柄が描かれた紙
・地(ち):扇面の一番下の部分
・天分金(てんぶきん):扇面の天に縁取りされた細い色の線
・骨(ほね)、扇骨(せんこつ):扇子に使われている竹の呼び名
・間数(けんすう):扇骨の本数
・中彫り(なかほり):中骨に加工された彫り
・中短地(ちゅうたんち):通常の扇子より扇面が短いもの
・短地(たんち):中短地よりもさらに扇面の長さが短いもの

 
広告
Copyright (C) Tauchi Architet Office Co.,Ltd All Rights Reserved.