ようこそ ゲスト さん     ID:  パスワード: ログイン   無料登録   パスワード紛失  
日本、いにしえ
日本、いにしえ伝統産業 > 住 > 京指物
京指物

日本の木工、指物は、古代より私達になじみの深い「木」を大切にする加工法です。
全国各地で発達し、実用品から装飾品まで様々な道具を作りだしてきました。
京都の指物は、平安時代の朝廷や公家用のもの、茶道用のものが発達し、雅や侘の世界の用具として愛用されてきました。

京指物の歴史

奈良時代

日本における、木製品の歴史は古く、奈良時代の遣唐使の時代にまで遡ります。
遣唐使が持ち帰った木製品の中に、日本には無い珍しい木を使った木製品などがありました。
この木を唐の木(トウノ木・カラ木)と呼んだのが、始まりと言われています。
また、唐木を加工する職人も、帰化人などに限られていました。
現在では、正倉院の遺品により知ることができます。
細密彫刻を施した儀礼用の物差し、琵琶などが 正倉院に遺されています。
このように、指物技術は寺院建築の一部、又は、製品の部分的装飾に用いた程度でした。

平安時代

京都の宮廷が使用する儀礼用の物差しや箱物類、寝殿造りの一部や装飾等に、用いられていました。
当時、儀礼用の物差しや箱物類等は、大工職の手で作られていました。

室町時代

専門の指物師がこの頃に生まれました。
室町時代以降、武家生活の中で、棚類、箪笥類、机類の調度品が増え、また、茶の湯の発達に伴い箱物類など指物への需要が増えてからの事と言われています。
こうした指物師は、建具職、宮殿師(くうでんし)、宮大工、桧物師(ひものし)、曲物師などともに大工職から分化していったものでした。

安土桃山時代

茶道の勃興と相俟って唐木の使われる量も増し、書院造りの一部や座敷の一部は勿論、茶華道具の一部にも使われるようになり、人々に唐木が認められて、その製品が愛玩されるようになってきました。

江戸時代

将軍家、大名家などの武家用、徳川中期以降台頭してきた商人用、そして江戸歌舞伎役者用(梨園指物)として多く作られ、今日に至っています。
桑、欅、桐など木目のきれいな原材料を生かし、外からは見えないところほど技術を駆使し、金釘打を施したりしないで作られる江戸指物には、職人の心意気が感じられます。

 

指物の分類

茶道指物、調度指物、箱、盆、現代指物(あかり)などに分類することができます。

茶道具

「京指物」の茶道具は、「木」の自然さ、簡素な形態、加飾をします。
制作技術の一つ一つは、渡来のもの、奈良時代、平安時代の流れを継承し、千利休以降、茶道文化の表現に依った形態や技法を開発し、今日にその流れを正しく伝えています。

調度指物

京箪笥

箪笥は、日本の代表的な調度の一つであり、地域ごとの型式、様式、仕上げの特色を持っていますが、京箪笥の基木は総桐材です。
木目が美しく、軽い桐材を用い、木地仕上げをしたものを中心とし、漆絵、時絵、象がん、等の加飾をしたもの、金具の一つまで、京都ならではの雅さを持っています。
抽出しのならんだ、小袖箪笥、上置箪筍、衣裳箪笥、羽織箪笥、間箪筒などから手許箪笥、道具箪笥のような小物箪笥まで、各種のデザインがあります。

京机

京机の伝統は、優美な線と、脚にほどこす刳り、彫りです。
もともと書院風を伝えております。
文机、書院机、座敷机、文机に抽出しがついている座机、等々、ケヤキの漆仕上げを主体として、和室調度の一翼をになう実用の品々です。
また、洋間へのアレンジも自由自在です。

現代指物

刷風照明具

京指物の刷風照明具は、桧や杉の枠に、和紙を合わせます。
露地行灯、タンケイ、また利風コードペンダント、ブラケット型などがあり、ロウソク、電球どちらにも使用することが出来ます。

 

京指物の特色と技術

「京指物」の特色は、その型式、技法が宮中、神社、寺院により、継承されてきました。
また、後世の茶道などにより、発展、育成されてきたものです。
各時代の型式と披術の忠実な伝承、そして、新しい美にかなった技法により創られてきました。
技術の一つ一つは、渡来のもの、奈良時代、平安時代のものの流れを保ちつつ、千利休以降、茶道文化の表現に依った形態や技法を開発し、今日にその流れを正しく伝えています。
仕口組手、彫、割、挽き曲げ、桶づくりと、繊細な手仕事で行なわれます。
良質の木材そのものの美しさをひきだす技法を集約し、京都の洗練された加飾技術を施す、という独特のスタイルを作り上げてきました。

京指物の材料

長い間自然乾燥させた桐材を中心に、桜、シオジ、ケヤキ、桑、桧、杉、松、榎、などの内地材及び外材を使用しています。
桐材の特長は、水気を防ぎ、熱にも強く、桐のおだやかな木肌を守り、汚れがつきにくい事です。

京指物の仕上げ

木理の自然な風合いを基調に、仕上げは良材の美しい木目そのままの木地仕上げです。
研ぎ仕上げ、ろう拭き仕上げ、着色ろう拭き仕上げ、スリ漆仕上げがあります。
加飾には、蒔絵、漆絵、彩絵、箔、金銀泥、砂子その他を用いています。

加工の技法

指物(さしもの)

板と板・板と棒(丸、角形)などを指し合せるために、木口、木端、板表面に組手や仕口といった工作をほどこし、組立てる仕事を言います。
机・たんす・脇息・火鉢・飾り棚などがあります。

曲物(まげもの)

丸太の木口面にナタで割り目を入れ、ひき割また水割して、薄板を作り、削仕上げした後に、円形または楕円形等に曲げて、両端(まち)を重ね合せて接合し、桜皮を用いてとじ合せます。

折溜(おりため)

小刃や薄手の鋸を数種用いて、定められた位置に切れ目を入れ、折り、両端(まち)を接合し、桜でとじ合せ底板等を入れ器物を作る仕事のことを言います。

彫物(ほりもの)

板または立方体の材を、彫刻刀などを使って模様等を彫ることを彫り物と言いい、欄間・仏像・掲額・看板・盆・皿などがあります。

刳物(くりもの)

単一の材を刳、ちょうな、などを用いてくりぬき、器物を作る仕事を言います。
漆塗素地の椀素地の下作りや、臼などがあります。

操物(くりもの)

板に小刀(操小刀)で模様をくりぬく仕事を言います。
欄間・茶道具の棚などに用います。

挽物(ひきもの)

ロクロ機を用い、主軸の先端に木材を取りつけ、回転させ、ろくろ鉋で挽く仕事を言います。
コケシ・盆・器物・嚢物(ふくろもの)・椀物などがあります。

箍物(たがもの)

くれ板と呼ばれる材を作り、円形、ダ円形に組み合せ、内外を鉋で削り底板をはめ込み、竹、金属のたがを数本外部に、はめ打ち込み器物を作る仕事を言います。
くれ板が、柾目材のものを桶といい、板目材のものを樽と言います。

組子(くみこ)

柾目材の材を細く挽き割り、組手(相欠きの)を作り組合せて、格子または模様を作る仕事を言います。
障子・風炉先・ふすま下地などがあります。

編物(あみもの)

材の木口にナタ等で割り目を入れ、ひき割または水割して、薄板を作り、削り仕上げます。
割り膚を残し平面または立体に編み上げる仕事を言います。
茶室等の数寄屋天井、風炉先の腰板、花入、炭取などがあります。

寄木(よせき)

単一種の木材、または、樹種の異なる樹色の材を寄せて接合し、それを素材として挽物、指物、彫物の技法で器物を作る仕事を言います。

木画(もくが)

べ一スとなる板に樹種の異なる薄板を作り、下図に基づき模様等になるよう接着し、箱、机、卓等を作る仕事を言います。

桜皮細工(おおひさいく)

桜の木の皮を水につけ、樹皮の両面をそぎ、中の硬い部分を基材となるものにニカワにて熱接合し、研磨して器物を作る仕事を言います。
秋田県大館市に産地があります。

 

指物の製作工程

1.製材

1.原木

2.野積

3.乾燥

4.大割

5.乾燥

2.乾燥

3.荒木取

4.矯正

5.荒削り

6.寸法決め

7.仕ロ・組手加工

8.組立

9.仕上げ削り

10.研磨加工

11.加飾加工

 

京折物と京指物

京折物

桐製品が代表的です。
桐箪筍、桐箱という名称は親しみ深く、水気を防ぎ、熱にも強いことから、収納調度高級品の代名詞となっています。
桐のおだやかな肌を守り、汚れがつきにくい事が特徴です。

京指物

京指物で使う桐材は、長い自然乾燥、ろう拭きといった素地つくりをしています。
この桐材を中心に、桜、シオジ、ケヤキ、桑、桧、杉、松、榎、等々の内地材、また、外地材を、用途で使い分けています。

 
広告
Copyright (C) Tauchi Architet Office Co.,Ltd All Rights Reserved.