ようこそ ゲスト さん     ID:  パスワード: ログイン   無料登録   パスワード紛失  
日本、いにしえ
日本、いにしえ伝統産業 > 衣 > 西陣織
西陣織

西陣織は、京都が伝統的に育んできた高級絹織物です。
西陣織の特徴は、「多くの品種を少量ずつ作る方式をもととした、先染めの紋織物」にあります。
綴(つづれ)、錦、緞子(どんす)、朱珍(しゅちん)、絣、紬等、多くの種類の絹織物が作られています。
特に多色の糸を使う紋織物は絢爛豪華な糸使い紋様の精緻さを誇ります。
また、西陣織は京都の庶民文化の中にも根付いており、祇園祭にくり出す優雅な山鉾(やまほこ)には、西陣の技術の粋をこらした作品が飾られます。

西陣織の歴史

京都の絹織物の歴史は、5、6世紀に、帰化豪族の秦氏(はたし)が大陸の養蚕技術や絹織を日本に持ち込み、その拠点を京都盆地の太秦(うずまさ)に置いたことに始まりました。
平安遷都後、朝廷で使用される沢山の最高級の織物が求められるようになりました。秦氏一族の築いた絹織の伝統の上に、宮廷機織工業が花開いたのです。

平安時代

織物の起源

宮廷の織物を任せられた「織部司」という役所が組織され、そこから最高級の織物が織り出されていきました。平安中期以後、官営の織部司は衰えましたが、織工たちは拠点を織部町から大舎人町(おおとねりちょう)に移して、盛んに美しい織物を作りました。
それらは「大舎人の綾」と呼ばれと呼ばれて、珍重されました。

鎌倉時代

政治の中心が京都から離れてからも、時の権力者たちは最高級の品物を京都に求めたため、高級手工業の中心地としての京都の地位は少しも揺らぐことはありませんでした。

室町時代

名前の由来である西陣跡

織工たちは大舎人座(おおとねりざ)という一種の同業組合を組織し、朝廷のみならず、一般の公家や武家からの需要にも応えていました。
しかし、応仁の乱(1467年〜1477年)によって、京都の町は兵火に焼かれました。
織工たちは疎開を余儀なくされ、技術は離散してしまいました。
10年以上続いた戦乱の後、織工たちは京都に戻り、戦乱時に山名宗全(やまなそうぜん)率いる西軍が本陣を張った大宮今出川付近で織物業を再開しました。
西陣織という名前は、西軍の本陣跡、つまり西陣という地名に由来します。

安土桃山時代

西陣織の発展

堺の港を通じて明の優れた技術が輸入されました。大陸伝来の高機(たかはた)という技術を取り入れ、先に染めた糸を使って色柄や模様を織り出す紋織(もんおり)が可能になったのもこの頃です。
朝廷や豊臣秀吉などの庇護のもと、西陣織は日本を代表する絹織物となると共に、京都を代表する伝統産業となったのです。

江戸時代

諸大名や豊かな町人層を顧客として高級織物の需要は増加の一途をたどり、西陣は大きく発展していきました。需要の増加に生糸の生産が追いつかなかったため、中国産の輸入生糸を使用するほどの盛況が訪れました。
しかし、やがて西陣に苦難の時代が到来しました。
享保年間の「西陣焼け」の大火により、職工は家や織機を焼失し、西陣の技術は織工とともに地方へ伝わっていきました。その結果、丹後・長浜・桐生(きりゅう)・足利など京都以外の地域で絹織物が盛んになり、西陣はれまでの独占的な地位を失いました。
また、度重なる凶作や不況で世の中が不安定になり、高級呉服の需要は低下の一途をたどりました。
さらに、天明8(1788)年の大火や、天保の改革による株仲間の解散・絹織物禁止令によって、西陣は大きな打撃を受けました。

明治時代

幕末には西陣の絹織物産業は斜陽化していましたが、明治に入って、逸早く人材をフランスやオーストリアに派遣して、ジャカードやバッタンなどの機械装置を輸入しました。
洋式技術を定着させ、技術改良を重ね、西陣は日本の絹織物業を近代化することに成功したのです。こうして西陣は、再び高級織物の中心地としての地位を回復しました。

大正、昭和時代

大正、昭和にかけては、伝統的な高級精緻な手織り技術を一層高め、帯地、着尺の高級品ばかりでなく、力織機の普及とともに大衆需要製品にも独自の地位を築いています。

現代

第2次大戦後、機械化がさらに進み、新しい技術が次々に導入されました。現在では、技術の高度化とともに作業工程は細かく分業化され、そのほとんどの工程を中小企業が担っています。
一方で、労働力を求めていわゆる「出機」(でばた、下請け工場)の地区外化が進み、例えば西陣帯の約6割が京都市外で織られています。また最近では高級な着物や帯だけではなく、ネクタイやバッグ、カーテンやお守りの袋など多様な織物も製造されるようになりました。社会の変容に対応した変化が、西陣織にも求められています。

 

西陣織の種類

紋織(もんおり)

紋織とは、あらかじめ染めた糸を何種類も使って、たて糸とよこ糸の組み合わせを考えながら、模様を織り出していく織り方を言います。西陣織は、どんな込み入った複雑な模様や色柄の布地でも、この紋織という手法で織っていきます。
生産工程の違いによってさまざまな種類に分類されます。法律によって指定された西陣織の品種は、全部で12品種です。

風通織(ふうつうおり)

たて糸、よこ糸とも2色以上を使います。普通の織物の断面は一重ですが、風通織はその断面がそれぞれ二重、三重になっています。多層織物を代表するものです。布面に現れる色数によって2色風通、3色風通、4色風通などがあり、帯地着尺地、服地、テーブル掛地などに用いられます。精緻で上品な模様を表すことができるので、西陣の着尺や袋なごや帯などに使われています。

綴れ織(つづれおり)

綴れ織とは、文字どおり金銀糸やさまざまな色糸でたて糸を綴るようにして織り上げていきます。

綟り織(もじりおり)

経(たて)糸と緯(よこ)糸を直角に交差するように織っていく平織に対し、綟り織では経糸をひねりながら緯糸の間に織り込んでいくため、布面にすき間が生まれ、独特の透け味が表現されます。搦み織ともいわれ、紗・羅・絽などがあります。

経錦(たてにしき)

錦とは種々の彩糸を駆使して紋様を織り出した織物の総称ともいわれ、織物の中では最も華麗なものの代名詞的につかわれています。その中で、経糸によって地の文様も織り出されている錦を経錦といいます。何色もの彩色を用い紋様を織り出す錦の内でも最も古い歴史をもっていて約千二百年以上も前に織られていた織物といわれています。

緯錦(ぬきにしき)

数ある織物の中で、もっとも秀麗なものの代名詞にもなっています。錦といわれる大部分がこの緯錦のことで、経錦に比してのみこの語が用いられます。金銀糸やさまざまな絵緯(紋様を表すため緯糸として用いる色糸)を用いて、美しい紋様を織りだした紋織物です。

本しぼ織(ほんしぼおり)

経緯ともに練染した絹糸を用い、経糸は甘撚り緯糸は御召緯といって練糸を適当な太さに引揃え、下撚りをかけ糊を施し、これがまだ乾かないうちに強撚りをかけたものです。「しぼ」とは、糸の撚り具合で織物の表面に表れたしわのような凹凸のことです。落ち着きがあり、それでいて張りのある風合いが魅力で、高級着尺を代表する織物として長らく愛用されてきました。

ビロード

西陣のビロードは、特有の羽毛や輪奈をつくるため横に針金を織り込み、後で針金の通った部分の経糸を切って起毛したり、引き抜いて輪奈を作る有線ビロード。なめらかな手ざわりと、柔らかな光沢が特徴的です。

緞子(どんす)

経糸と緯糸との組織点をなるべく少なくして、しかもその組織点を連続しないように分散させ、織物の表面に経糸、あるいは緯糸を浮かせた織物。経糸と緯糸が各五本ずつのものの表裏の組織をそれぞれ地あるいは紋に用いたものをいいます。

絣織(かすりおり)

たて糸とよこ糸を部分的に防染して平組織に織り上げて何らかの紋様をあらわしたものです。素朴な織物の代表です。

朱珍(しゅちん)

繻子織の一つ。七糸緞(しちんたん)が転じたともいわれています。地糸のほかに数種の絵緯糸(えぬきいと)を用いて、模様が浮き出るように織ったものです。経(たて)糸と緯(よこ)糸を1本ずつ交互に織る平織に対して、緯糸何本か飛び越して経糸を織り込んでいく独特の方法を採用しています。さまざまな紋様を色彩豊かに表現できる上、金銀箔を引き入れて絢爛豪華さをも兼ね備えているため、能装束や女性用の帯、羽織裏に好んで用いられます。

紬(つむぎ)

真綿を手ツムギした糸をたて糸、よこ糸に使用して手機で絣、縞、白などに織り上げた先練、先染めの平織りのものです。

紹巴(しょうは)

経緯ともに強撚糸を用い、細かい横の杉綾状又は山形状の地紋をもつ。地は厚くなく以前はよく羽織裏などに使用されていました。

 

製作工程

西陣織は、あらかじめ必要な色に染めた何千本もの糸を使います。
何千本ものたて糸とよこ糸を交差させて模様を織り出していくのです。
この手法を先染めの紋織(もんおり)と呼びます。
織り上がって製品になるまでには多くの工程を必要とします。
これらのほとんどが分業化され、それぞれの専門の技術者(職人)によって支えられています。
大きく分類すると、次のような5段階になります。

1.企画・製紋(せいもん)

織物の基本となる図案デザインから製織に必要な紋意匠図や紋紙または紋紙フロッピーをつくります。
・図案創作
・紋意匠図制作
・紋彫
・コンピュータグラフィックによるデータフロッピーディスク制作

2.原料準備

織り出す織物に必要な糸を原糸から準備し、必要な色に染め、長さや本数を揃えたりして、織機(しょっき)にセットできるよう整えます。
・よこ糸・たて糸
・撚糸
・糸染
・糸繰(いとくり)
・整経(せいけい)

3.機準備(はたじゅんび)

組織やデザインの情報を伝えるためのジャカードや綜絖(そうこう)などを準備します。綜絖とは、ジャカードの指令によってたて糸を引き上げる装置です。
・ジャガード準備
・紋紙(もんがみ)式・コンピュータ式
・綜絖(そうこう)準備

4.製織(せいしょく)

実際に織物を織ります。現在、西陣で使用されている織機は、大きく分けて力織機(動力織機)、手機、綴れ機の3種類があります。このうち力織機と手機は紋紙とジャカードにより模様を織り出します。一方、綴れ機には、この装置はなく図案をたて糸の下に置き、小さな杼で縫いとるように織り上げていきます。
・製職

5.仕上げ

織り上がった織物を整理加工します。
・整理加工
・ビロード線切り

 

製織機の種類

手機

金襴や丸帯などの高級品など、複雑な紋様で力織機では織れない複雑な織物は手機で織ります。熟練した職人技が生かされる精緻な作業です。手機はジャカードを使います。

綴れ機

西陣織の中で、最も歴史ある技法で、綴れ織にのみ用います。ジャカードの作用によらず、独特のつめかきで紋様を表現していく織り方です。

力織機

動力を使うため、能率の良く作業ができます。ただ、色糸が10色以上になると力織機では無理で、50色以上も色糸が使える手機に頼ることになります。

 
広告
Copyright (C) Tauchi Architet Office Co.,Ltd All Rights Reserved.