ようこそ ゲスト さん     ID:  パスワード: ログイン   無料登録   パスワード紛失  
日本、いにしえ
日本、いにしえ伝統産業 > 衣 > 京人形
京人形

日本は人形の宝庫といわれていますが、それは古くから京都を中心として発達してきました。
京人形の大きな特徴は、伝統的に細分化された分業によって製作されていることです。
それぞれの技術に熟達した職人の手仕事によって作られる京人形は、高い品格をまとっています。

京人形の歴史

土偶や埴輪から明らかなように、人の形を模した工芸品の歴史は遥か昔に遡ります。
それらの人形(ひとがた)は、人の身代わりとなって埋葬されたり災いやけがれを引受けるために作られました。
やがて、そういった呪術的な役割を離れて、ただ愛玩のためだけに人形が作られるようになったとき、日本人形の歴史は始まりました。

奈良時代

中国から「上巳の祭」が伝わりました。
三月の最初の巳の日に、「ヒトガタ」に災いや罪を着せて川に流し、桃の酒を飲みながら、一年の無事を願うという風習です。
のちの「桃の節句」です。

平安時代

平安貴族のあいだで雛(ひいな)と呼ばれる男女一対の人形が流行しました。
これが日本人形の原型だと言われています。
雛は、それまでの呪術的な役割を離れて、人形が持つ可愛らしさよって幼児に愛されるという新しいタイプの人形として登場しました。
雛は雛遊びとともに京都の貴族社会の中で発展していきました。
貴族の姫君たちは、ミニチュアの御殿や調度を設らえ、そこに雛を配して着物を着せ替えたり、参内の真似ごとをさせて楽しみました。
当時、雛は官女たちの手で作られていました。

鎌倉時代

仏師によって童子像や相撲像など、世俗的な題材をもとにして、木彫りの人形が作られました。

室町時代

依然として、「人形師」という専門職はなく、人形は仏師や彫刻師の余技として作られていました。
また、この頃から、カキの貝殻を砕いて粉にして作られる胡粉が輸入されるようになり、人形にもこれを用いた技法が活かされました。

江戸時代

江戸時代に入ると、雛が単なる玩具人形から、子供の誕生や成長を祝う節句人形へと変化していきました。
桃の節句に雛を飾る風習は大名にも流行し、こぞって優秀な人形師を召し抱え、自家の雛を誇りました。
その結果、雛の技法が向上するとともに、衣装人形のような華やかな人形が作られるようになりました。
一方、庶民のあいだでは、土や紙を素材に、土人形や張子人形が作られました。
やがて、郷土性の豊かな人形が各地で作られるようになり、一部は名産品として収益を上げるようになりました。

近代

明治以降もこれらの人形の多くは伝統的技法を保ちながら受けつがれ、生活の中で深く愛されてきました。
時代時代を生き抜いてきた人形師たちの心と技は、今も変わることなく人形の中に息づいています。

 

京人形の種類

雛人形

現在、京人形の主流を占めている衣裳着人形です。
その起源は平安中期にまで遡ります。
江戸時代以降、三月三日の上巳の節句に飾られるようになりました。

木目人形

桐粉で出来た胴体の生地に筋彫りをし、衣裳を木目込んで作る人形です。
天文年間(1736〜1740)頃に、京都上賀茂神社に仕える用人によって作られたのが始まりとされています。

嵯峨人形

木彫の本体に胡粉を置き上げ、全面に極彩色を施した人形です。

御所人形

おもに赤子、帝をかたどった土製、桐塑製の人形。
丸みを帯びた体型と白くつややかな肌が特徴です。

伏見人形

伏見稲荷大社の稲荷山の土を焼いて作られる土人形です。

市松人形

こどもの姿をした衣裳着人形です。
江戸時代後期、人気のあった歌舞伎役者佐野川市松が、女形で表現したおかっぱ姿がモデルなって、創作された人形です。

 

制作工程

京人形の製作工程は細かく分業化されています。
なかには一つの事業所で複数工程の組み合わせを担当する場合もありますが、ほとんどの場合、一つの事業所は一つの工程のみを担当します。
創業が江戸時代という歴史を誇る事業所も多く、しかも京人形の製造技術は一子相伝的に継承され、外部者にはほとんど伝授されません。
そのため、京人形は経済産業大臣から「伝統的工芸品」の指定を受けています。

1.頭(頭師)
2.髪付(髪付師)
3.手足(手足師)
4.小道具(小道具師)
5.着付(着付師)
    布地に西陣織を使用し、裁断から仕立、着付までを担当します。
6.製品
7.飾り付
    造花・三宝・屏風などで人形に飾りを添えます。

 

京人形の用語解説

本練頭(ほんねりがしら)

桐の粉で作った頭(かしら)。

京仕立

本物の着物と同じような一枚仕立てになっています。

胡粉(ごふん)

日本画で用いる白色顔料。カキ殻を粉砕・水簸(すいひ)・乾燥したもので、主成分は炭酸カルシウムです。

 

有職雛の装束

江戸時代になると、公家の装束を有職故実に基づいて正しく創られた有職雛が生まれました。
その「装束」にはいろいろな図柄、紋様、色彩等のものがありますが、大きくは、豪華な金糸、銀糸が織りなす「金襴」ものと、有職紋様の「無金」ものとに分かれます。

桐竹鳳凰黄櫨染綾(きりたけほうおうこうろぜんあや)

帝が晴れの儀式に着用する御袍の名で、天皇の位と真昼の太陽の色を象徴した絶対禁色。
御袍の紋様は、桐・竹・鳳凰・麒麟が用いられ、嵯峨天皇の御世に制定されました。

総手刺繍菱華紋(そうてししゅうひしはなもん)

金糸、銀糸をふんだんに使用した、重厚感のある豪華な刺繍です。
西陣織の粋を集めた本格的な衣装です。

 

京人形の手入れ、保存の仕方

チリやホコリは柔らかい小筆か羽根ばたきで払います。
頭には手で直接触らないように注意します。
また、髪のみだれは上から下へ軽く直します。
日焼けや変色の原因になるので、直射日光の当たる場所へ置くのは避けます。
長期保存する場合は、適量の防虫剤を直接人形に触れないように箱に入れ、湿気のない所で保存します。

 
広告
Copyright (C) Tauchi Architet Office Co.,Ltd All Rights Reserved.