ようこそ ゲスト さん     ID:  パスワード: ログイン   無料登録   パスワード紛失  
日本、いにしえ
日本、いにしえ伝統産業 > 衣 > 組紐
組紐

組紐(くみひも)とは、読んで字のごとく、糸を組み上げて作る紐のことです。
組紐は飛鳥から奈良の時代にかけて大陸から伝わり、
さらに平安時代になって渡来技法を基にして日本独特の組紐が生みだされました。
衣類をまとうため、物と物とを繋ぐため、運ぶため、などといった実用から生まれた紐が、時代の流れとともに工芸的な美を伴い、それぞれの個性を表現するために様々な技巧が生まれました。
組紐は一本一本の糸が綾をなす芸術品であり、このような優雅な伝統工芸品は京都でこそ育ちえたものだといえます。

紐の歴史

紐は本来何かを結んだり、束ねたりつないだりするという生活の必要性から発達しました。
やがてそれは時代の流れとともに工芸品としての美しさを伴うようになり、私たちが組紐に見出すような芸術品へと高められていきました。

縄文時代

紐の歴史は有史以前からと言われ、わが国においても縄文土器に残されているその文様から、縄文時代には既に紐の文化が存在したことが窺い知れます。

奈良時代

組紐の技法が中国、朝鮮から伝わってきました。
聖徳太子の時代以前から、それ相当の発展があったと言われていますが、以降随・唐および古代朝鮮から高度に発達した組紐技術が渡来し、格段に工芸的に美しい紐が製作されるようになりました。
当時の遺品は法隆寺や正倉院に収蔵されています。

平安時代

渡来技法を基にして日本独特の組紐が生みだされました。
これが京組紐と言われるものです。
意匠は優雅典麗なものになり、用途も服飾に付随する平緒や袖括の緒、冠の緒、巻物、箱類、楽器、調度などに用いられる各種の紐と、その範囲はきわめて広くなりました。

鎌倉時代

神具・仏具、武士の鎧兜(よろいかぶと)、刀の下げ緒など装身具や調度品に広く使われました。

室町時代

茶道の興隆に伴って、仕覆の緒や掛軸の啄木などの需要が多くなり、意匠も比較的渋いものとなりました。
近世までは組紐の主な需要は公家や武家または社寺でした。

桃山時代

庶民に広がりその製作は非常に盛んになりました。
用途の上でも、羽織紐や組帯、手提袋の緒、髪飾の緒などが加わり、組み方もさらに多様となり、さまざまに技巧をこらすようになりました。

江戸時代

刀の下げ緒としての需要が高まり、下級武士の内職として発達を遂げました。
また江戸後期には、帯締めが出現し、和装の帯が現在の形になったとされています。

明治

ビジョーで留め、宝石や種々の細工物を中央に飾り配したものが登場しました。

大正・昭和

世界に類のない美しい製品の数々が作られました。

 

紐の分類

「組紐」「織紐」「撚紐」の三種の紐に分類することができます。
単なる種類の違いだけでなく、用途に応じた適性があります。

組紐

数十本合わせた糸の束をいくつかの玉に巻き、斜に交差させながら組む 斜に糸が交差しているため伸縮性があります。
和装の帯締めの多くはこの組紐が使われております。
伸縮があることにより、強すぎず、弱すぎず、帯締を締めた人の呼吸に柔軟に対応できます。
その他、さげ袋の紐や、お茶道具を包む仕覆と呼ばれる袋物の締め緒など、非常に多くの場面で組紐が使われています。

織紐

縦糸と横糸を直角に合わせ織った 縦糸と横糸との直角交差で織られることから、ほとんど伸縮がありません。
この織紐の多くは「真田紐」と呼ばれるもので、主にお茶道具などを入れる木製の箱にかけられます。
箱を持ち運ぶ際に、手をかけ、持ちやすいようにと使われるようになったのが始まりといわれ、その実用面からも、伸縮の少ない真田紐は適していると言えます。

撚紐

そして糸の束を撚り合わせた 撚りをかけて作られる紐で歴史の上でも一番古いものと言われています。
この撚紐も伸縮は少なく実用性の高い紐といえます。
鳥居にかかる締め縄、不動明王が手にしている五色の撚紐、綱引きの縄や力士が腰に締める“まわし”なども撚紐です。

 

組紐の種類

組紐はその形状から丸組、平組、角組の3種類に分類されます。

丸組み

組紐の中でも、断面が丸いものを言います。帯締めによく用いられ、太いものほど礼装向きで、華やかになります。
四ツ組、八ツ組、江戸組などがあります。

平組

きしめんのように平たい組紐です。
帯締めによく用いられ、幅広のものほど礼装向きで、華やかになります。
高麗組、唐組、綾竹組などがあります。

角組

組紐の中でも断面が四角いものを言います。
御岳組、洋角組、奈良組などがあります。

 

紐台の種類

京組紐は、絹を美しく染め上げて、組台を用いて手作業によって、ひもを組み上げていきます。
組台には丸台、高台、角台、綾竹台のほか唐組台、裏打台、籠打台、内記台、足打代、四つ打台などがあり、組み方によって組台を選びます。

丸台

丸い形をした台で、主に組み下げて組み進みます。
上板の穴から玉に巻いた糸を出し、組みあがった紐は下へさがってゆきます。
丸組や角組、平組のいずれにも使われ、初歩的な単純な紐から非常に複雑なものまで、ほとんどの組み方ができるので、もっとも利用範囲の広い万能な台です。
大きさとしては、台の中では最小のものです。
使える玉数に限界があるために、柄の種類は少なくなりますが、逆に組目の美しさが持ち味となります。

角台

四角い台板と、組み上げた紐を引っ張りあげるための滑車のついた柱からなる台で、丸台とは反対に組み進むにつれて上へ手繰り上げてゆきます。
丸組や角組に使われます。
組目のそろいがよく締まって形状の整った仕上がりとなります。

高台

畳半分ほどの大きさで、組む人は台中央に渡された板の上に座って組みます。
平組に使われます。上下二段の糸の色を変えることで、部分的に模様を出すことが出来ます。
玉数を多く使えるので模様の変化も多く、複雑な柄出しができるのも特徴です。

綾竹台

高台を小型にしたような台で、糸をかけておくところが矢のような形をしています。
平組に使われ、薄ものが多いです。
たて糸と、よこ糸が垂直に交わるため、伸びにくいのが特徴です。

 

組紐の製作工程

1.原糸

養蚕によってつくられた繭を製糸してつくられる生糸を用います。

2.綾書き

使用目的によってデザインを決めます。

3.糸割

原糸から組紐製造に必要な分量を取り出します。

4.糸染め(無地染め)

綾書にもとづいて糸を染めます。

5.糸繰り

染めた糸を小枠に繰っていきます。

6.糸合せ

紐の太さや重さによって糸繰された糸の何本かを1本にまとめます。

7.撚掛け

合わした糸を八丁 ( はっちょう ) という回転する機械によって撚りを掛けます。

8.経尺(へいじゃく)

所定の寸法に切って揃えます。

9.組加工

組台で、紐を組みます。

10.房付け

紐の端を少しほどき、房を付けます。この時同色の糸をたして房を豪華に見せます。

11.湯のし

足し房に湯気をあて櫛を用いてきれいに伸ばします。

12.仕上げ

浮いた糸や飛びだした糸を毛抜きで丁寧に切り取りうぶ毛をランプの火で綺麗に焼きとります。

 
広告
Copyright (C) Tauchi Architet Office Co.,Ltd All Rights Reserved.