ようこそ ゲスト さん     ID:  パスワード: ログイン   無料登録   パスワード紛失  
日本、いにしえ
日本、いにしえ伝統産業 > 住 > 金属工芸
金属工芸

金、銀、銅等の金属を「溶かして型に流し込む」、「たたく」、「彫る」等の技法を用いて、形を造り、表面を加工して仕上げた物が金属工芸品です。
京都では、日本文化の中心地として、古都の繁栄と宮廷文化の展開に伴い優れた意匠と高度な技術が伝承され、多数の金属工芸品が作られてきました。

金属工芸の歴史

金属製品の歴史は古く、弥生時代にまでさかのぼります。
大陸の進んだ金属加工技術が流入する中で、日本独自の発展を遂げていきました。
製品の持つ有用度や財産価値、美しさだけではなく、どれだけ手間暇をかけてつくられたか、またどれだけ技巧に優れているかという独自の視点に立った価値が追求されてきました。

弥生時代

中国大陸、朝鮮半島から金工技術が伝わり、剣、銅鉾、銅鐸、銅鏡、装身具などに青銅や鉄が使用されていました。

古墳時代

埋蔵品からもわかるように、金工品の装飾性、デザイン性はますます精微なものとなりました。
また、仏教伝来と共に、仏像鋳造技術が発達しました。

平安時代

平安遷都に伴って、技術者や金工の細工師も京に移り住み、その後の金属工芸技術の発展の基礎を築きました。
平安期の王朝貴族文化の繁栄に伴い、それまでの大陸伝来の作風から、動植物をモチーフにした日本独自の優雅なデザインへと移り変わっていきます。
現代にも通ずる「鋳金」「鍛金」「彫金」の金工技法が完成の域に達したのもちょうどこの頃です。
また、空海や最長らが大陸から持ち帰った密教法具なども、その後時代を追って独自のアレンジが施され、完成された美を形成していきました。
とりわけ春日大社神宝や天台、真言寺院法具には、多数の優れた金工品が今も伝えられています。

鎌倉時代

平安時代と同様、仏具と和鏡が金工品の中心でしたが、武家の活躍に伴って、甲冑や刀装具にもすぐれた作品がみられます。

室町時代

宋、明との貿易による鉱産物輸入、鉱業の開発に伴って、貨幣の鋳造、武器の製造等が盛んになり、金属加工技術に発展をもたらしました。

桃山時代

総体的に装飾が豪華になり、金属工芸の産業化、量産化、技術者の分業化もすすみました。
武器、甲冑、刀剣類に装飾が施されるようになり、雅な権力の象徴として好んで所持され、金属加工技術をさらに大きく発展させました。
茶の湯が発展するにしたがって、茶の湯のための「茶釜」の製作が始まりました。
おもに、九州の現、福岡県「芦屋」、関東の現、栃木県「天明(てんみょう)」で鋳造されていたようです。
また、ほんの一握りの特権階級のものであった金属が、一般町民階級にまで広がったのもこの時代以降です。

江戸時代

日本各地の寺院の大量建築にともない、粗悪な仏具や法具もたくさん製造されましたが、金工技術そのものは高まり、手のこんだ品も多く残されています。
また、江戸中期ごろから、家庭に金工仏具が入り込みました。

明治時代

京都の金工は明治期にその転換期を向かえ、工業的製造と、手工業的な製造、美術、芸術活動、それらを組みあわせた工芸、またクラフトデザインの路線へと分かれていきました。
遷都、廃刀、生活様式の欧米化、金属文化の大衆化などがその主な理由として挙げられます。

 

金属工芸の分類

鋳金(ちゅうきん)

溶解した金属を鋳型に流し込み、形を造る技術です。
仏像や梵鐘(ぼんしょう)、茶道具、工芸品など、金属素材による造形には欠かせない技術であり、猟型鋳物は精巧な表現ができることで知られています。
工程のほとんどは、鋳型の制作と、冷え固まり荒れた表面を綺麗に削り磨く仕上げに割かれます。

鍛金(たんきん)

金属魂や板を、鎚と鳥口といった道具で自由に延し、縮めて立体的に造形する技術です。
鋳物に比べて軽く仕上げ、器物などを製作します。
京都の特徴として「鎚起」が受け継がれています。

彫金(ちょうきん)

金属面に模様を彫ったり、埋め込んだり、浮き彫りしたりすることです。
金鎚と鏨(たがね)を主に使い、平面、半立体、立体と表現が異なり、技法も多岐に分かれています。
平面的な表現装飾には片切彫、毛彫、蹴彫、半立体表現には浮彫、立体造形には彫くずし手法があります。
合金により多くの異なった発色をします。その素材の違いを利用して彫金する技法として、平象嵌と高彫象嵌があります。

布目象嵌(ぬのめぞうがん)

鉄、黄銅などの堅い素地に布目状の目をきざみ、柔らかい金銀の平金と線を目にくいこませて象嵌する技術です。

錺金

神仏具の錺金物(かざりかなもの)を、各種の木地に合わせて金属板を用いて形を作り、表面を徴細に装飾して着色仕上げして神仏具に取付けます。
京仏具、神具の一端を受けもつものです。

宝飾(ほうしょく)

京都の業界では飾職と呼ばれています。
身近な装飾品に宝石を使用した、ジュエリーデザインにより数多く製作されています。

七宝(しっぽう)

器物など金属でできたものに、ガラス質の釉薬を用いて窯で焼いて装飾する技術です。
釉薬によりさまざまの発色をし、大別すると有線七宝と無線七宝とがあります。
有線七宝は、素地表面に細線の金属を糊付けして図面を区切り、その枠の中に釉薬を焼き付けるものです。
無線七宝は、区切りをしないで、色彩の異なる釉薬を直接隣り合わせて焼き付けるものです。

 

京の金属工芸

京釜

大名や数寄者たちは、好みの茶釜を作らせるために「釜師」をかかえていました。
信長に名越弥七郎、紹鴎に西村道仁、利休に辻与次郎、家康に仕えた名越善正が、京釜師に名を連ねています。
桃山期につくられた三条釜座は、茶人や祇園社の庇護もうけて独自に発展しました。
千家十職の大西家はいまもつづく釜師のひとつです。
茶釜の特色、見所は、鉄の地肌(鋳肌)の美であるといえます。
釜師の性格がそれぞれの釜に現れています。
現在、茶道復興とは別にして、芸術的観点から茶釜の伝統的技術、美意識が再認識されています。
不可能とされた過去の名品の復刻や、新しい芸術作品としての釜が創意工夫されています。

女性の装いに必要な鏡は、桃山以降爆発的に広がりました。
粗悪な量産金工品が出回るのも鏡が最初です。
それまで青銅、白銅で製作されていた鏡は安価な黄銅製になり、また鋳造法も踏み返し鋳物と呼ばれる量産法に移っていきます。
一部、天皇家御用の白銅製円鏡も製作されていますが、やはりこれらには優品が残っています。
江戸期には時々、鏡の縁にも文様を鋳出したり、特注の誂えによる巧妙な文様を鋳造したりと、趣向を凝らす高級品も作られていたようです。
これら鏡は、魔除け、祈願、富の象徴、恋愛成就や生活向上のシンボルとして貴族から庶民にまで愛されてきました。
しかし明治期に入り量産のガラス鏡が庶民に広がると、銅鏡製造はあっという間に廃れていきます。
現在では、神社にて神宝の一つとしてほんのわずかに使用されるだけの過去のものになりました。

仏具

桃山時代以降の仏教の衰退とともに、芸術的に特筆すべきものは作られていません。
ただ、いくつかの良い作品も残っています。
辻与次郎作、豊国神社の鉄製燈篭、方広寺の梵鐘などがあります。
しかしながら、第2次世界大戦時に供出に遭い、良い作品の現存は多くありません。
祭祀の場所を最高の美をもって飾り立てる荘厳品、とくに寺院の堂内を彫金、象嵌、七宝技術を用いて飾り立てたものが現存しています。
また僧侶の持ち物としての金工品は、「柄香炉」「錫杖」「鉄鉢」「水瓶」などがあります。

建築金具

襖(ふすま)の引き手、釘隠しなどの優れた建築金物が多く残されています。
日光東照宮に代表されるように、非常に細密で写実的な作りこみが特徴です。
技術者は技巧を競い合い、華やかな金具が多数残されています。
神社、寺院建築に多く用いられてきました。

刀装金具

わが国の独特の彫金技法が発達したのは、刀装のお陰といっても過言ではありません。
鍔(つば)、目貫(めぬき)、縁頭(ふちがしら)、小柄(こづか)などがあります。
もともと鍔(つば)専門工とその他の小道具工と別れていた技術者達ですが、後期にはいずれの品も小道具系彫金工の仕事となりました。
ほんの小さな部品に、細かな写実的な文様を彫刻、象嵌することが多く、多彩な彫金表現技法が用いられました。
比較的平穏な時代の、武家社会の装身具のひとつといえます。
明治期には、廃刀令にしたがい多くの技術者が職を失いましたが、欧米への輸出向け美術品にその技術を生かし、活躍した工人もいました。

山鉾、神輿

1100年の歴史を持つ祇園祭ですが、山鉾に豪華な錺金具を装飾したのは幕末の頃からです。
祭りの中心である神輿を迎える儀式が発展し、現在の山鉾巡行のかたちになりました。
町衆が蓄えた経済力をもって新調を繰り返し行い、とくに彫金のありとあらゆる技法を用いて豪華絢爛に装飾しました。

 

コラム:錆(さび)と寂(さび)

金属製品とは錆びるものです。
金属に限らず生活用品は使っていくうちに自然と風化、腐食していきます。
そして手垢などもついていきます。
それでも、使い込んでいくうちに、ものの良さというものは引き立ってくるものなのです。
日本の精神には、寂(さび)というものがあります。
「侘び(わび)、寂び(さび)」という言葉でよく耳にする、この寂(さび)。
近年、生活文化の欧米化によって価値観が変化し、「寂びる」「錆びる」ことは良くない、というモノの見方が増えてきたように思えます。
しかし、元来日本固有の文化では「自然と共にある」ということから、寂びることは美しいと考えてきました。
ものを使い込んでその物の良さを引き出すことこそ、物を大切に扱っている、と言えるのではないでしょうか。

 
広告
Copyright (C) Tauchi Architet Office Co.,Ltd All Rights Reserved.