ようこそ ゲスト さん     ID:  パスワード: ログイン   無料登録   パスワード紛失  
日本、いにしえ
日本、いにしえ伝統産業 > 住 > 石工芸
石工芸

京石工芸(きょういしこうげい)は、京都の洗練された文化に磨かれた昔ながらの伝統技法を駆使するものです。
京都は優良な材料にも恵まれ、石仏などの彫刻品、石鳥居、石燈籠、層塔、手水鉢、臼石等さまざまな石工芸品がつくられてきました。
比叡山麓、白川の里から採掘される良質の花崗岩(かこうがん)が、石工芸の発展を支えました。

石工芸の歴史

仏教や茶道から深い影響を受けている京都の石工芸は、手づくりの高い技術と鋭い美的感覚をもち、端正で古びた味わいに特色があります。

古墳時代

石の加工を行う石工(いしく)が登場するのは、古くは古墳時代だと言われています。

奈良時代

仏教の伝来によって石造文化が生まれました。
寺院の礎石のほか石像や燈籠など加工度の高いものも作られるようになり、技術も時代を下るに従い高度なものとなってきました。
その後の石造美術の発展とともに、貴重な文化的石造工芸品が作り出されました。

平安時代

平安建都の際、大内裏や寺院の建築のため石の造作が大きく求められました。
大内裏の造営とともに、石造品が盛んに造られるようになり、工作技術が発展しました。
その後、仏教興隆に伴って、古代から宗教的なイメージを持つ石という素材が重要とされ、さらに工具の進歩、ことに工具の製作や手入れなどの鍛造技術を得たことによって石工技術が発達し、寺社造営の礎石、石仏、石塔、石燈籠など、京石工の手による優れた石工芸品が製作されました。

鎌倉時代

政治の中心は鎌倉に移りましたが、文化の中心は依然京都にありました。
当時の石造遺品からは、京都の高い文化と京石工の卓越した技術、技法、美に対する鋭い感覚を知ることができます。

室町時代

築城と造園、さらに茶道文化との結びつきが石工芸に大きな影響を与えます。

茶道と石工芸
茶人は古くから残る石工芸品にわび・さびをくみとり、優れた遺品を珍重しましたが、遺品は数が限られているため、本歌を写した模作を茶庭に設置しました。
特に、石燈籠、水鉢、層塔などは茶道との深いつながりの中で、厳しい美への要求に応えるとともに技法の特殊な発達を見たのです。
茶の心に則る美が追求され、それに応えるべく石工芸技術は著しく向上しました。

江戸時代

寺社の造営が増大するとともに、庶民文化が台頭したことで、石工芸品の需要は増加し、その中で京の石工芸品は確たる地位を築いていきます。

現代

全国伝統的工芸品総覧(平成14年度版)によると、京都で石材業に携わっている事業所の数は76、従業者数は320人、出荷額は年間25億円です。ただし、出荷額の8割は墓石が占めており、石灯籠、水鉢、彫刻品、層塔、挽臼等の石工芸品の割合は2割未満です。
マンションやアパートなどの庭のない住宅に住む人が増えたことで、需要は低下の傾向にありますが、特定の購買層に支えられて受注は比較的安定しています。後継者についても、現在のところ見通しが立つ状況にあります。

 

京の石工芸品の種類

石燈籠(いしどうろう)

石燈籠には一般的な立燈籠、基礎がなく竿を地中に埋め込んで据える活込燈籠、竿の代わりに三脚や四脚の足を持ち、中台以上が六角か八角で、かつ背の低い火袋で意匠されている雪見燈籠、火袋と笠だけで構成される置燈籠があります。

層塔

三重塔、五重塔など、屋根が何層かに重なっている形の塔をいいます。
通常、層の数は三重から十三重までで奇数です。
平面は大半が方形で、最上部には天に向かって突き出た相輪を置きます。
第一重軸部の四方には、仏名を現わす一字の梵字である種字(しゅじ)、もしくは仏の像容を表すものが刻まれることが多く、これを四方仏と呼びます。

手水鉢

禊(みそぎ)とは、水浴みによって身体の汚れを洗い清めると同時に、心の罪やけがれをも祓うことができると考えられています。
この禊を簡略化したものとして、手を清め、口をすすぐための手水鉢が寺社によく備えられています。
手水鉢が庭の中に持ち込まれるようになったのは、石燈籠の場合と同じように、やはり茶の湯の関係からと考えられています。
手水鉢には、低くつくばった姿で使う「蹲踞(つくばい)手水鉢」、つくばわずに立ったままで使う「立手水鉢」、建物の縁先に配される「縁先手水鉢」があります。

つくばい

日本庭園の添景物の一つであり、露地(茶庭)に設置されます。
茶室に入る前に、手を清めるために置かれた手水鉢に役石をおいて趣を加えたものです。
手水で手を洗うとき「つくばう(しゃがむ)」ことからその名がつきました。

臼石

餅臼、引臼、茶臼、糊臼などがあります。

彫刻品

仏像、七福神、蛙、うさぎ・鳥など動物の彫刻品、道標などがあります。

その他

石橋、飛石、重石などがあります。

 

制作工程

京石工芸品は、ほとんどが庭園装飾用で1人の石工がすべての工程を手がけています。
制作工程は石燈籠、層塔、鉢物、挽臼、彫刻物と種類によって異なりますが、共通して「原石加工」「成形」「彫刻」「仕上げ」に大きく分けられます。
これらのいずれの製法にも、古くからの伝統的技法が駆使されています。

石燈籠の制作工程

1. 石まわし

荒石(原石)に完成時の形、大きさをあらかじめ墨で線引きします。

2.荒取り

まず石に矢穴をいくつか掘り、矢穴に入れた矢をたたいて四隅を大きく落とします。
そのあと、はいからで墨出しした線の外側を角落としし、のみではつって(=削って)整えます。

3.下場造り

下場と呼ばれる笠裏の部分を平らにします。
石のねじれをよく見て墨を差し、はいから、中切りのみ、はびしゃんなどの道具で整えます。
側面を垂直に立てる基準面をつくる重要な作業です。

4.軒場造り

平らに整えた下場から、軒場すなわち側面を垂直に立てるための作業です。

5.笠裏造り

笠の裏の段の数や蕨手(わらびて)と呼ばれるまろやかな突端加工の墨出しをし、それに沿ってはつっていきます。
笠裏に対し蕨手が傾かないようにします。

6.蕨手(わらびて)造り

曲線のバランスをみながら、欠け落とさないよう細心の注意でのみをさばき、帯を切り出します。

7.笠上場(うわば)造り

笠上部の傾斜面を仕上げます。

8.ほぞ穴造り

宝珠のほぞと組み合わせる穴を彫ります。
ほぞは、石燈籠を組み立てたときに、凹凸にかみ合わせることで笠と宝珠を組み合わせる役目を果たします。

9.裏大入れ造り

笠裏に火袋のおさまるくぼみをつけます。

10.仕上げ

全体をならし、さらに下台、火袋、中台、柱、宝珠をそれぞれ仕上げ、組み立てます。

 
広告
Copyright (C) Tauchi Architet Office Co.,Ltd All Rights Reserved.