ようこそ ゲスト さん     ID:  パスワード: ログイン   無料登録   パスワード紛失  
日本、いにしえ
日本、いにしえ伝統産業 > 衣 > 印章
印章

印章(=はんこ)は、奈良時代に中国から伝わりました。
平安時代以来、京都では天皇御璽(天皇の印章)や当時の役所の官印が作られてきました。
京都の印章は、印章最盛期の中国・漢の作風を受け継いでいます。
いわゆる漢印篆を主体とした重厚で雅味豊かな印章で、これは東京を中心とした小篆(秦時代)の作風と対照的です。
このような歴史と伝統を受け継ぎ「京印章」は京都の伝統産業として広く親しまれ使われています。

印章の歴史

日本で印章が使われるようになったのは、大化の改新により大宝律令が制定されたときからといわれています。それ以来、政治や商業、芸術などさまざまな場面に印章が普及するとともに、印章の種類や素材も多様化していきました。

奈良時代

日本で印章制度が始まったのは、奈良時代のことです。大化の改新によって、唐の二官八省制が取り入れられ、文武天皇の時代には唐の律令に基づいて、大宝律令が制定されましたが、それに併せて印章の制度が採用され、官印が中央政府により鋳造され、国内に頒布されました。こうして、内印(天皇御璽)、外印(太政官印)、諸司印(八省・諸寮印・諸国印)などの官印が公文書に捺されるようになりました。

平安時代

平安京に遷って以後は、京都で天皇御璽(天皇の印章)や当時の役所の官印などが作られていきました。古代の印はほとんどが鋳銅印で、銅を溶かして鋳造された物でした。
この頃から、貴族には私印が許されるようになりました。ただし、私印は三位以上の高官にのみ認められ、その大きさも一寸五分を超えることは許されませんでした。印章の用途は、文書の確認だけでなく、蔵書印や封印にも広がっていきましたが、私印自体はさほど広く用いられることはありませんでした。

鎌倉時代

宋との交流が盛んになると、僧侶や文人の間に落款印・書物印(絵や書などの作者を示す印)などが流行しました。

室町時代

さらに戦国時代に入ると、武家文書にも印章が用いられるようになり、武将たちは印文に趣向をこらして権力や威厳を表現しようとしました。

安土・桃山時代

実名印(のちの実印)が商人の間で使用されるようになります。

江戸時代

明清革命の折りに亡命してきた明人から篆刻の技法が伝わりました。
藩の公文書、村や商家の帳簿などに印章を使用する習慣が広がりました。農民が使用する実印を名主が預かって、印鑑帳を作製し、必要に応じて照合できるようになっていました。
また、京都でも印判師の数が増え、京印章の技術が発展しました。

明治時代

明治6年10月1日の太政官布告ですべての国民に実印の使用が認められるようになりました。近年、これを記念して10月1日を印章の日と定め、大昔より印章守護の大神、印璽社が奉られている下鴨神社にて印章祈願祭を開催しています。
明治7年、中京区の安部井櫟堂が、現在、国家の文書に使用されている天皇御璽と大日本国璽を、印司に命ぜられ1年がかりで作成しました。
その後、明治23年には印章の専門家が30軒前後に増え、「京都板面彫刻業組合」が設立され、現在の京都府印章業協同組合の元になりました。

現代

現在、京印章彫刻は厚生労働省の技能検定に合格した技能士等がこれに携わり、様々な素材で伝統的な京印章を製作しています。
そして伝統的な作風の中からも現代の感覚に立ち、しかも文字の意味を壊さない京印章も生まれて来ています。

 

印章の種類

実印

居住している市区町村役所に印鑑登録されている印章のことです。戸籍上の氏名を規定の大きさで彫刻します。個人を証明する一番大切な印章と言えます。不動産の売買や自動車の購入などに必要です。
法人用の実印は法務局に印鑑登録されます。通常は会社名と役職名を彫刻してある物が多いようです。法律改正により英文も認められるようになりました。

銀行印

名前通り、銀行や郵便局などのお金の入出金に使う印章です。実印と違って、大きさの規定はありません。一般に、個人用の場合は実印より少し小さめにされています。
法人銀行印の場合は印文などを変えて大きさは実印と同じ位にして作成されています。

認印

上記の二種とは別に、荷物の受け取りや回覧書類、一般事務書類等の捺印用です。
法人の場合も領収書や請求書などの書類に捺印するための印章が、実印、銀行印とは別に必要です。

角印

法人名、店名、団体名称もしくは会社、団体等の代表名を彫刻したものです。賞状や任命書などの大事な文書によく用いられます。

役職印

○○株式会社専務取締役などのように法人や団体の役職名を彫刻した印章です。多くの場合、法人用実印や銀行印と同じ形で作られます。公的社会的に地位を示すための印章です。

割印

本証と控えとの境に捺印し、印影が半分ずつ分かれるものです。形は通常縦長の小判形につくられます。契約書などを作成する際に、二枚の文書が同一であることを証明するための印章です。

訂正印

極めて小さな印章で、帳簿などの金額訂正用に使用します。簿記印、豆印などとも呼ばれます。

蔵書印

書籍の所有者を示す印で○○蔵書というように彫刻します。通常は角形が多く用いられます。

落款印

画家や書家の名前を彫刻したものです。描いた絵や書が自分の作品であることを示すための印章です。作品の大きさにより使い分けます。

ゴム印

手彫りと写真ゴム印があります。住所印や事務用印、データー印、領収印などさまざまな用途に用いられます。また既製品のゴム印も多数あります。

遊印

好きな言葉などを彫刻し作品などに使用します。現在は多種多岐にわたり使用されている。

関防印(印首印)

落款印と一緒に作られ、姓名印、雅号印三本一組の中での一本で、作品の右肩などに捺印し作品のはじまりを表します。

回転印

欧文日付回転印、連物回転印等があります。

浸透印

代表的にはシャチハタ印と呼ばれています。スタンプ台が要らないことが特徴です。

 

印章の制作工程

1.印稿

職種や使用目的にふさわしい書体及び字体を選び、推敲を重ねます。

2.布字(字入れ)

印稿の特徴をよく生かして、印面に墨で逆に書きます。

3.荒刻

字入れ文字のとおりに、文字をくずさぬよう注意して文字の書いてない部分を彫ります。

4.仕上

一点一画文字の筆意を生かして奏刀します。

5.捺印

印肉および紙をよく吟味し、印肉を軽く叩くようにして印面にむらなく付け、慎重に押捺します。

 
広告
Copyright (C) Tauchi Architet Office Co.,Ltd All Rights Reserved.