ようこそ ゲスト さん     ID:  パスワード: ログイン   無料登録   パスワード紛失  
日本、いにしえ

日本人誰もが心のどこかに持っている懐かしい風景・・・

建都以来1200年の歴史を誇る京都において、様々な人々が汗を流して守ってきた
伝統産業は、誰もが懐かしく感じるような、日本の「心」です。

ここでは、京都の伝統産業の歴史、技法、工法を、衣・食・住 別にまとめました。
ぜひご覧になって、日本文化の美しさを再確認してみて下さい。

また、衣食住の伝統技術には、京都の建築と切っても切り離せない歴史的背景があります。
これらの建築に関する歴史や、長い年月継承され、培われてきた技術を
伝統建築、伝統的工匠の分野においてまとめております。
 
1200年も昔の平安時代から、日本には十二単や、扇子をはじめとする装身具等、雅やかな衣類に関する伝統技術が培われてきました。
ここでは、衣に関する伝統業種の歴史と技術をまとめました。
京菓子、漬物、その材料となる様々な京野菜、酒や茶など、京都は現代でも愛されている食の技術の宝庫です。
これらの食にかかわる歴史と技術を掲載しています。
平安京造営に伴う造園、石の技術、瓦・屋根葺・扉・金具 等の建築技術、左官・塗り の仕上げ技術、などを掲載しています。
また、現在まで継承されている茶室や数奇屋の伝統技術についても紹介します。
数奇屋、茶室等、日本古来の伝統建築の中にも、
伝統の技術は多く含まれています。
伝統産業だけでなく、伝統的な建築、材料、
そして人材等に興味がある方は、「伝統建築」のサイトも御覧ください。


広告
Copyright (C) Tauchi Architet Office Co.,Ltd All Rights Reserved.